お口の周りには口唇を囲うようにぐるりと口輪筋が、左右の頬粘膜には縦方向に頬筋が走っています。これらの筋肉は、子供の時期に歯並びを構成するのに大きく関与しているのです。

お口をポカンと開けている癖がある場合、唇の周りを囲んでいる口輪筋がうまく働けず、前歯が前方に突出しやすくなって出っ歯になりやすいです。逆に下唇を噛んだり、吸ったりする癖がある場合、下の前歯が舌側に倒れる可能性が高くなります。

またほっぺたを吸う癖がある場合、奥歯が内側に倒れてきて噛み合わせがズレる場合もあります。

このように小さな「くせ」が歯並びに影響を及ぼす可能性があるので、「くせ」で済まさないように、注意してあげることが大事です。

たかすぎ