いきなりですがフローラ floraという言葉を聞いたことはあるでしょうか。

フローラとは本来は、ある地域に分布、生息する植物のすべての種類を意味する用語として使われてきましたが、細菌の世界でも使われるようになりました。

私たちの口の中にも実にたくさんの細菌が生息しており、その数は500種類に及ぶと言われています。

歯に住み着く細菌、歯と歯茎の間が好きな細菌、舌の上に集まる細菌など、細菌同士もそれぞれの場所で特有のフローラを作っています。

しかし、歯磨きをおろそかにするなどするとバランスが崩れ、ある細菌だけが増えてしまい口の中で悪さをし始めます。だからこそ日々の生活の中での歯磨き、フロス、糸ようじなどを使ったお手入れが大事なのです。

世の中には細菌やウイルスという目に見えない微生物がたくさんいますが、正しい付き合い方をしていくことで共存できるのではないでしょうか。