なぜ口内炎ができるのか知っていますか?

口内炎は栄養不足、疲れ、ストレス、口の中を噛んだ時などにできやすくなりますね。

ひどくなる原因にたんぱく質を分解するプラスミンという酵素の働きが関係します。

プラスミンがどんどん増え続けると炎症の元や痛みの元が発生し、その炎症がひどくなると

口内炎が発生するのです。

では出来にくくするにはどうすればよいでしょうか?

原因と考えられるものを作らないということですよね?

栄養バランスのとれた食事、疲労回復につとめ口の中を清潔にしましょう。

それでも良くならない時は歯科医院を受診しましょう。

なぜ口内炎というのか?口の内に起こる炎症だからです。

      にゃん 🐈