口腔習癖、という言葉を知っていますか?
口の中に関する習慣的な行為の事で、唇を咬んだり吸ったりする、爪を噛む、指をしゃぶる、などがこれに含まれます。
子供の成長期に発現する事が特に多いですが、習癖が継続してしまうと成長中の子供の顔、顎の骨や歯並びに悪い影響が出てくる可能性があります。

日常的な自分の癖は気付きにくいですし、なかなか治す事も難しいと思います。気になる方は、歯科医院で相談されてみて下さいね。