喫煙と歯の関係について、知っていますか?

 直接は関係していないと思われがちですが、タバコの煙が最初に通るのは口の中で、喫煙の悪影響を強く受けてしまうのです。

歯茎が硬くなったり、歯や歯の周りの組織で炎症が起こり歯周病が進行していきます。しかしタバコに含まれるニコチンには出血を抑える作用があるため、炎症に気付く事が遅れてしまいます。口腔癌のリスクも上がり、免疫力も低下するため、現在歯の治療をしていても、治りにくくなってしまいます。

 禁煙は、お口の中の健康を保つ事はもちろん、身体全体の様々なリスクを減らす事にも繋がります。喫煙者の方は、少しずつでもいいので今日から禁煙、始めてみませんか?

岡田