昨今では歯に対する意識が高い方が増えてきましたが、海外と比べると日本人の歯に対する意識はまだまだ低いようです。

歯科医院を利用する目的の違い

歯科医院に足を運ぶのは、虫歯や歯周病などのトラブルが起きたとき治療をするためという方は多いのではないでしょうか?

海外では歯の美しさはステータスのひとつと捉えていて、小さな頃から矯正治療で美しい歯並びにしたり、定期的に歯科によるクリーニングを受けたりするのが一般的です。

実際にアメリカやスウェーデンなどの歯科先進国では予防や審美を目的に歯科医院に通うのに対し、日本人は治療を目的に歯科医院に行くことが多い傾向にあります。

予防、早期発見、早期治療のためにも日頃からのホームケアや定期的な検診を行えばいつまでも素敵な歯を維持することが可能です。