歯磨き粉はいろいろな成分が入っており、 その薬効でむし歯になりずらくなったり、しみるのを抑えたり、 歯茎の腫れを抑えたり、という効果があったりします。

基本的な歯磨き粉の効果は、泡と顆粒によって お口の中の汚れをさらにとれやすくするというものです。

ですので、みなさんは歯磨粉きを使っていることが多いと思います。

最近では、“歯槽膿漏を抑える”や “細かい歯茎の下の汚れがよくとれる” というCMの歯磨き粉が多いですが、 歯ブラシで最も大事なのは、歯磨き粉の薬効ではなく 「歯ブラシの当て方」なのです。

歯磨き粉を使うことは、とてもイイことだとは思いますが、 そのスッキリした清涼感などは、歯磨き粉の中の薬効によるものであって 汚れが完璧にとれて、スッキリしているわけではないのです。

また、歯磨き粉をたくさんつけて泡ばかりになっても あまり磨けてないことが、ほとんどです。

歯医者で衛生士さんに正しい磨き方を教えてもらいましょう!

たかすぎ