先週末の3連休は、連夜テニス観戦で夜中の12時~1時就寝でした。右肘の故障で世界ランキング21位まで降格したジョコヴィッチの準々決勝、準決勝、決勝は王者復活を感じさせる試合でした。対錦織選手との準々決勝で今大会の優勝を確信しました。3日3連戦とは思えないキレのある動き。決勝ではアンダーソンの200kmを超えるサーブに耐えながらもスマートで攻撃的な試合作り。

優勝が決まった瞬間、まるで客席にいるかのように拍手しながら喜びました。もちろん最後のインタビューまで。

充実感のある寝不足でした。