妊娠すると、女性ホルモンが増えます。

この女性ホルモンが原因で、お口の中の歯周病菌が増えます。

歯ぐきが赤く腫れたり、歯ぐきから血が出てくることもあります。

これは、妊娠性歯周炎です。

この状態で放っておくと、歯周病が進行してしまいます。

「妊娠すると、カルシウムを赤ちゃんにとられて歯が悪くなる」 と言う声をよく聞きます。

赤ちゃんにカルシウムをとられるからではなく、 女性ホルモンの変化によりお口の状態が大きく変化することに原因があります。

変化は、お腹の中だけではないのですね。

出血しても驚かずに、お家で歯磨きされたり、 歯科医院でプロのケアを受けて頂くことで改善します。

出産に向け、一緒に健康できれいなお口作りをしましょう。

たかすぎ